熟睡に関する雑多な明晰とその持ち味及び安眠の方法

眠りは決してブレイクにはならない、とは言うものの俺は平日のたいてい半ばを眠りに費やしている。どちらかといえば精神的な静穏を求めてベッドに入るのだが、カラダが力強く疲労している一瞬などはぐっすり金縛りにあったり、そこまでいかなくとも突然の不安感で目を覚ますことが多々あるのが欠陥だが・・・。

そういった欠陥を差し引いてもともかく眠りは心地よい贅沢だと思うのである。安眠を解明したいと思う人の数は多いらしく、WEBやテレビでは良質ベッドの掲示がつぎつぎに新キャパシティーを紹介しているのが現況です。購入するにはさすがに割高すぎて手が出せないものの、将来の目標として夢見ておくだけならいいだろう。

私もわずかながらではあるが、ベッドのチューンアップを試みている。ベッドパッドを敷き、季節ごとにシーツを選び、枕の体格や固さに頭を悩ませる。人類によりけりだとはおもうが、自分の安否を豊かにして行くという言動は非常に普遍的なものであると想うのだ。それは自家用車であったり、端末であったりしてもおんなじためそこには「追及する楽しさ」が存在する。そして、それはとっくに適切「嗜好」の実情なのである。

ところで、安眠する方法という物質も様々・・・楽しいほうが寝つける人類とそうでない人類がいたりするのも明るい。俺は「安眠には要綱の阻止が不可欠」と考えている。要綱の阻止とはすなわち、ノイズや輝きを消してカラダに映る布団の精神を大事にすることである。この点では夏場の安眠はとっても難しい。カラダにシーツや布団が接触すると暑くてたまらないからで、安眠するならさすが真冬の寒い一瞬であろう。温かい布団にもぐりこんですときの絶好調インスピレーションは自分のみならず、ねこや犬であっても感じられる生き物共通の物質なのである。

最後に罹るが、眠りを手助けしてもらえる飲物をいくつか挙げたい。とはいっても、酔って寝るのはとんちんかんで、これは酒の麻酔効果で麻痺しておるだけですみたい。当然ながら寝覚めも酷い。温めた牛乳などはそれほど効果的だし、蜂蜜をお湯で溶かした物質もよろしい。しかし私の推奨はどうしてもカモミールティーです。有力安眠、安堵作用があるうえに反発はかなり無く、市販の薬を貰うより随分低い結果です。

ここまで寝ることばかり書いてきて私ある程度眠たくなってきたが、予め眠りは生き物一切に与えられた財宝であり贅沢であると思うのである。次回は眠りにつきものの「望み」について言葉しよ。皆様、好ましい望みを!・・・おやすみ。