勇退に追い込まれた都知事!不安は晴れた??

都内の舛添要一(67)が辞職に追い込まれました。都民の自分として「ついに辞職してくれた!」あんな気持ちです。
レポートに因ると、続投したいと泣いて訴えたそうですね。
おじさんが泣いてまで名乗る辺りなら、木更津でカンファレンスしたデビュー会社社主のタイトルを公表したほうが大層簡単ですよね。
都民の血税を、わたくしや身内の為にプライバシーに流用するなんてベスト悪質でタチが乏しい行為だ。さらに速く辞職するべきでした。
辞職して当然ですが、様々な疑念は迷宮・・なのでしょうか?何故かズルイですよね。許せません!
近々、新しい知事をさらに選挙で上げる訳ですが、猪瀬氏・舛添氏と稼ぎの問題で辞職が続いています。
我ら、都民はどこを見て初々しい知事を決めればいいのでしょうか??再び何が正にわからないですよね・・
”稼ぎ”と”時”の無駄遣いはこれからとりどり!
真新しい知事代替がゆくゆく表れるはずですが、今度こそ都民や市民に為に汗を流して受け取る適正で勇敢なリーダーシップのお目見えを願いたいものです・・産後ダイエット