コンビニエンスストアやつ、しばしこうして行ったほうが面白かったのに

先日の直木賞受賞したコンビニエンスストアそれぞれ、もう一度読みました。便りが易しくて読みやすかったし、面白かっただ。親しみがあるからでしょうね、コンビニエンスストアという種類が話題で。白羽くんと同棲したところから楽しくなりましたね。最後は呆気なくああいう形で止めるのは少し惜しかったなあという傾向だ。自身であったら、白羽くんと交尾してしまって、息子ができちゃったなんてストーリーにしていましたね。最後のクライアントは相当変人を強調していたから、ああいう部門ではつまらなかったですね。もしくはあの最後のコンビニでヘッドハンティングされたりとか、なんとなく最後のそれは物足りなかったなあと思いました。拠り所で誌が無いなあと最新思ったのですよ。それで終わっては詰め込みが生易しいなあと感じました。白羽くんと同棲という考えはもちろんだと思いましたが、これっきりって感じですよね、風味は。もう一度いっそアベックまでなってしまって、まともな感じに両人がなったほうが良かったです。http://www.protoexpress.co/kakaku.html

エボナイト棒のことと静電気などについて勉学

電気のことなどについて練習しました。エボナイト棒をナイロンでスレすると、電子がナイロンからエボナイト棒に移ります。エボナイト棒どうしは、反作用し合います。エボナイト棒とナイロンは、引きよせ合います。ふだんは、原子のインサイドの+の電気と−の電気の音量が等しいので、全体としては電気を帯びていないが、物体どうしをスレすると、その間で電子のやりとりが行われ電子をあたえたほうが+、受け取ったほうが−の電気を帯びます。これが静電気(スレ電気)の正体だ。+と+、−と−のように同じ種類の電気の電気の間には、反作用し見合うキャパシティーが行ないます。+と−のように、ことなる型の電気の間には、引き合うキャパシティーが行ないます。物体によって、電子の離しやすさがちがう結果、こすり合わせた時+の電気を帯び易いグッズと−の電気を帯び易いものがあります。物体がどちらの電気を帯びるかは、こすり結び付ける相手によります。たとえば、エボナイトと絹では絹は+の電気を帯びるが、絹とナイロンでは絹は−の電気を帯びます。ほんとに勉強になりました。